profile プロフィール

ガラス工芸作家石田知史

SATOSHI ISHIDA

MESSAGE

自然界のほんの些細な動きの中より感じられる、力強さや存在感、生命感などが、ものづくりにいつもヒントを与えてくれます。さまざまな自然の中に、生かされている自分を感じ、感謝しながらものづくりをさせていただいています。京都でのものづくりとは、その土地の歴史や風土、文化など先人の方が積みあげてきて下さったものに、感謝の念を懐きつつ、今をつくる。新たなるものを、そこに提案させて頂くことだと思います。静けさの中の一瞬の動き、「しずかなる美」を感じて頂ければ幸いです。

history

1972年
石田亘、征希の長男として京都に生まれる
1994年
東京ガラス工芸研究所パート・ド・ヴェール専科卒業
1995年
アジア、中近東、中南米、N.Y.などを美術研究のため旅する(’96)
1998年
「石田亘・征希・知史パート・ド・ヴェール3人展」(京都)(’02京都 ’03神戸 ’04京都 ’07京都)
第45回日本伝統工芸展 初入選
1999年
第28回日本伝統工芸近畿展 初入選
2001年
第17回日本伝統工芸第七部会展 「盤 風」朝日新聞社賞受賞
財団法人京都市芸術文化協会創立20周年記念「CRIA展」出品
2003年
第32回日本伝統工芸近畿展 「線刻文鉢 山河」新人奨励賞受賞
春日若宮社の国宝、毛抜形太刀の復元に協力
第50回日本伝統工芸展 「線刻文鉢 風をきく」朝日新聞社賞受賞
2005年
第34回日本伝統工芸近畿展 「線刻文筥 静かなる音」京都府教育委員会教育長賞受賞
2006年
第24回京都府文化賞奨励賞受賞
「石田亘・征希・知史パート・ド・ヴェール作品展ー しずかなる美 ―」 (銀座・和光ホール)
第53回日本伝統工芸展 「線刻文筥 草原を行く風」日本工芸会総裁賞受賞
「石田亘・征希・知史、作品展 ― 静謐なるものを求めて ―」 (京都・常寂光寺)
2007年
京都府美術工芸新鋭選抜展 「蓋物連作 西方への誘い」 工芸部門 最優秀賞受賞
2008年
「増田三男と二十四人の工芸家展」出品(東京・日本橋三越)
「石田亘・征希・知史 『和のパート・ド・ヴェール』展― 始まり、そして現在へ ―」
(名古屋・松坂屋)
「石田亘・征希・知史パート・ド・ヴェール作品展—静かなる煌めきー」
(大阪府立弥生文化博物館・秋季特別展)
第37回日本伝統工芸近畿展鑑査委員(’09、’10、’12)
2009年
「石田亘・征希・知史パート・ド・ヴェール作品展 ー 煌めきと静謐の美 ―」 (銀座・和光ホール)
第22回伝統工芸諸工芸部会展鑑審査委員
2010年
「石田亘・征希・知史パート・ド・ヴェール作品展 ー やわらかな光・その煌めき ー」 (京都・高島屋)
2011年
「石田亘・征希・知史パート・ド・ヴェール作品展ー静かに煌めくー」 (名古屋・三越)
第58回日本伝統工芸展 鑑査委員
2012年
「石田亘・征希・知史パート・ド・ヴェール作品展ーやわらかな光・永遠にー」(銀座・和光ホール)
京都府美術工芸新鋭展 招待出品
2013年
「石田亘・征希・知史パート・ド・ヴェール作品展ー遠き日に、想いを馳せてー」(京都・高島屋)
第33回伝統文化ポーラ賞 奨励賞 受賞(ポーラ文化財団)
「日本伝統工芸展60回記念 工芸からKOGEIへ」 選定出品 (東京国立近代美術館工芸館)
2014年
「静ー歌会始御題によせてー」 選定出展 (伊勢神宮 式年遷宮記念神宮美術館)
「石田亘・征希・知史パート・ド・ヴェール作品展ーガラス幻想の美ー」(横浜・高島屋)
2015年
「菊池寛実賞 工芸の現在」選定作家として出品(菊池寛実記念 智美術館)
「石田知史・亘・征希パート・ド・ヴェール作品展ー手のひらの煌めきー」(銀座・和光ホール)
現在
(公益社団法人)日本工芸会正会員